「本場の本物」に認定されている事業所を対象に、『商品の品質向上のため、事業所内の工場・店舗及び商品が適正に管理されているか』、食品衛生技術指導員2名が現地調査・指導を行います。

調査の結果は事業者に報告され、さらなる品質向上に役立てられます。

「本場の本物」認定に必要な第三者認定制度【HACCP】について

 地域食品ブランド「本場の本物」認定されるには、【商品の歴史的な伝統性】や、【製法・原料の特徴があること】等の他、【第三者認定制度】が必要です。この第三者認定制度として【HACCP(ハサップ)】があります。

HACCPとは、食品の製造、加工又は調理の各工程で、食中毒の原因や異物混入の原因になりやすい工程を重要管理点として重点的に管理することで、完成した製品や調理品の安全を確保する方法です。

 【HACCP】について、詳しくはこちらへ

 

001